kareha

ある日公園でため息が出るほど美しい枯葉に出会った。同時にこれまで枯葉を見ようともしていなかったことに気がついた。命を全うした葉は枝を離れ、宙を舞い、誰に見られることなく静かにこの世界から消えて行く… しかし、あの日、僕は人間と同じようにどの枯葉にも生きた証があり、それぞれが違う個性や表情、美しさを持っていることを知った。枯葉を見ることは、人間を知ること、命と向き合うことなのかもしれない。

One day I caught a beautiful dead leaf sighing in the park.

I noticed that I had not tried to see dead leaves until then.

The leaf which fulfilled the life leaves the branch, dances in the air, quietly disappears from this world without being seen by anyone ...

Like a human being, I also found evidence of living on dead leaves, I knew that each had different personality, expression and beauty.

To see dead leaves may be to know the meaning of human life and life.

本サイト内の画像の無断使用・複製を禁じます。Copyright © kanichifujiwara all right Reserved